2007年 11月 24日 ( 1 )

21人目と22人目は、美術助手の福岡陽子さんと、よし子の父役の飯島秀司さんです!

ついに『ジャーマン+雨』の大型フライヤーが完成しました!
いただいたコメント計62名分、全掲載してあります!ユーロスペースにはもう置いてあります。全国の上映劇場にも来週末には到着予定!
そしてニフティの映画サイト「@nifty映画」に監督インタビュー掲載中です!


さて、リレーブログもラストスパート!
瀬野尾圭太さんから指名を受けた美術助手の福岡陽子さん、宮良史野さんから指名を受けたよし子の父役の飯島秀司さん、今回もお二人同時に登場!


まずは福岡さんから。
Q1、まずはあなたのお名前を教えてください。よかったら顔写真も!
福岡陽子です
b0118378_19471449.jpg


Q2、この映画の中での、あなたの役割は?
美術助手です

Q3、それはどんなことをするのですか?
奥定さんや瀬尾君の言ってたとおりです。
画面に映るモノを作ったり、集めたり、壊したり、動かしたり、いろいろしました。

Q4、撮影中、いちばん面白かったことは?
クランクアップの日に打ち上げがあったのですが、次の日の朝に目が覚めたら、頭にチーちくが刺さっていた事です。

準備から撮影終了まで参加させてもらいましたが、横浜組の空気感はとても居心地がよかったです。ハードな作業も楽しむことができました。ありがとうございました。
 
Q5、できあがった映画を初めてみた時、何を思いましたか?
映画の美術に関わったのはこれが初めてだったもので、何度も打ち合わせをして練りに練って作りあげたモノ達が、登場人物の背景として成り立っていたことに感動しました。

Q6、この映画の主人公のよし子は、歌が得意だと自分で思っています。 あなたは、自分の特技は何だと思っていますか?
ハーモニカです。

Q7、この映画をあなたの言葉で宣伝してください。
力強いような、そんなに強くないような、なにか得体の知れないような、不思議な魅力のある映画だと思います。
とても素敵です。




そして飯島さんです。
Q1、まずはあなたのお名前を教えてください。よかったら顔写真も!
飯島秀司と申します。
b0118378_19531584.gif


Q2、この映画の中での、あなたの役割は?
謎の人物。よし子のお父さん。

Q3、それはどんなことをするのですか?
ひどいことをされるのですが、それはひどいことをしつづけてきたからなんでしょう。
それもこれも、やむを得ない事情があったんだよ。

Q4、撮影中、いちばん面白かったことは?
よし子の父親の役はもともと別の方が演じる予定だったのですが、その方が突然入院されたらしく、私に今回のお話がまわってきました。撮影当時の私は夜型の生活だったのですが、朝の9時に大阪市北部の十三駅前にいかなければならない、というのが結構なプレッシャーで、撮影前夜など「ま、寝坊してしもたら、仕方ないわ。ぶっちするかも」とか、ええ加減な心もちでおりました。根が真面目な性格なので、翌朝ちゃんと十三にいきましたが、いざ到着してみると、ものすごい数のスタッフさんが働いておられて、連日のハードな撮影の空気が伝わってきました。その時にはじめてコトの重大さを認識し、「ぶっちせんでよかったーっ!」と心の中で安堵しました(ホンマすいません)。映画の撮影現場に立ち会ったこと自体が初体験だったので、私の撮影のあった半日の間に経験したことは、全て面白かったです。横浜監督の粘り強い姿勢には感銘を受けました。それにしても、映画を一本撮るというのは大変なことなんですね。スタッフのみなさんに改めてお礼を言いたいです。ありがとうございました。
 
Q5、できあがった映画を初めてみた時、何を思いましたか?
当然、脚本は読んでいましたが、できあがった映画は想像を超えるものでした。何だこれは?と。異質なものに突然向かいあったような。細かいシーンのひとつひとつが映画という文脈をどこか逸脱していく不安定さを持っていて、ミステリアスで素晴らしかったです。あ、でも一番に思ったのは、映画に出てる自分なんて想像もしたことがなかったので、こりゃええ冥土の土産になったなぁ、と。

Q6、この映画の主人公のよし子は、歌が得意だと自分で思っています。 あなたは、自分の特技は何だと思っていますか?
私はデブでハゲかけてるくせに長髪というキモイ中年オヤジですが、意外と、こういうタイプは煮物とか上手なんですよ。(と思い込んでる)

Q7、この映画をあなたの言葉で宣伝してください。
ロックンロール、ホームレス、エゴと天国の糸。「ジャーマン+雨」は、信用していい映画。
あなたが近頃、いやもっと昔から、退屈してるなら、「ジャーマン+雨」を観にいってみましょう。



福岡さん、飯島さん、ありがとうございました!
そして次回はいよいよリレーブログ最終回につき、3人のアンカー、助監督・清水艶さん、美術応援・穴田順也さん、録音部・新垣一平さんの登場です!お楽しみに!
[PR]
by german-ame | 2007-11-24 19:58